“Little Heaven”リリース

6/22 Release
SAGOSAID / Little Heaven
800yen
A. Little Heaven
B. What to Do

6月22日に、カセットを出します。完全自主制作です。作詞、作曲、デザイン、録音、ミックス、SAGOです。リードギターも自分です。
ドラムはshe saidのときのカイチくん。ベースはcontrolの木村。
マスタリングはVinceのしんまくん。みんなありがとう。

デザインは最近上京してきた友達に手伝ってもらって案をもらったりした。
友達と喫茶店に集まってなにかを作るのが夢だった。
叶ってよかった。

録音は本当によくわからなかったけど、スティーブアルビニが載ってるサンレコをとりあえず買って読んだ。読んだけどよくわからなかった。
よくわからないままマイクを立てて録った。
一発録りしたかったので、Zoom16をパソコンにつないで、カイチくんと木村と自分で、せーので録った。
確認したら「おお!録れてる録れてる!!」となって感動した。
そのときリードギターが決まっていなかったから、リードギターとボーカルは後から録っているけど。
バンドは楽しいなって気持ちが蘇った。
録りやミックスに関しては別の記事を用意してるからそこで書くことにする!

ジャケットの写真はハワイのカカアコというところで撮った。
2年くらい前に初めてハワイに行って、観光客ばかりのワイキキビーチにいるのが飽きたので、一人でバスに乗っていった場所。
ネットではウォールアートがいっぱいのインスタ映えの地として紹介されている。
でも実際に足を運ぶと、観光地でもなんでもない殺風景な倉庫街だった。無機質な倉庫街なのに華やかなウォールアート、タバコ、だるそうな労働者、トラック。

ワイキキとは雰囲気も一変して、なんだか殺伐としていた。ぽつぽつと自分みたいに絵をみにきた観光客もいたけど、少し歩くと本当に誰もいなかった。

ただっぴろい道に青い空、壁にはでかい絵がたくさんあって、そこに自分ひとりでいると、なんともいえない解放感があった。

この左側の壁がジャケット

パンチドランクラブを思い出したりしていた。

この道路を思い出した

ハワイはみんなが笑顔できれいな服を着ていて、結婚式をあげたりして、天国みたいな場所だと思ってたけど、少しワイキキを出たらこんな場所もあるのかと思った。そんなことは少し考えたらわかることなんだけど、自分は思い込みと想像の中だけで生きているのかもしれないな。

ハワイに行けば全部天国だとか、お金があれば絶対に幸せだとか、生きていれば絶対にいいことがある、とか、根拠なく思い込んだりすることは良い場合と悪い場合がある気がする。思い込んで想像の中で生きていかないと死にたくなるような気持ちになるし、かといってずっと自分の思い込みの中で生きていると意図せず人を傷付けることが多い。最近は昔よりはバランスがとれるようになってきたと思うけど、まだまだ難しいと感じる。

旅行記みたいになってしまったなー。そんな感じで、音楽をやっている。
レコ発についても書きたかったけど長くなってしまったのでまたの機会に書くことにします。
歌詞カードもかわいく作ってるし、音源もかっこよくとれたし、発売したらぜひ聞いてみてください!
どこで買えるかは決定したらまたお知らせします!